年表.jpg

i-sukel.gif

i-sukel.gif

身の回りで活躍する材料工学
材料工学はここがおもしろい

材料工学は入り口も多様なら出口も多様です

入り口としての基礎科学は物理学・化学の両方を解決すべき課題に応じて使い分け、時に生物学や地学も駆使します。材料工学が生み出す材料は医療や診断で用いられる材料もあり、そのようなバイオマテリアルの開発に生物学の知識は必須です。新材料創製のための極限状態の一つである高温や高圧は地中深く自然に存在する状態で、実際私たちが目にする宝石や鉱物はそのような極限状態の産物です。私たちが材料を「作る」ときには生物に学び、地球に学びます。材料工学の出口の多様性は言うには及びません。身の回りのすべての材料が研究対象です。なかには見えないところで活躍している材料もたくさんあります。皆さんが電話で話をするとき、その音声は光信号に変換され、地中に敷設された光ファイバーの中を通って伝えられます。そこには半導体やガラスファイバー、様々なオプトエレクトロニクスデバイスが使われており、それぞれのデバイスが材料研究の賜物です。

現代社会は混沌の中にあり不透明であるといわれます。かつて中世と呼ばれた混沌の時代は、次に来るべき新たな時代への重要な準備期間です。その現代で新たな時代の担い手は誰か?そのために必要な力は何か?

材料工学科では混沌の社会であらたな結晶を生む上での力となる基礎科学を学び、深い基礎知識、強い思考力、広い興味と好奇心から自由な発想で新たな世の中を築く人材を育成します。

教育理念

既存の工学の枠を超えて、産業の発展に寄与する新しい材料と新しい工学の創出を目指すとともに、材料工学の専門をバースに社会に貢献する人材の育成を行います。

■教育と研究の出発点として基礎科学(物理学・化学・生物学)を重視します。

■材料工学における既存の分野を超越し、自由な発想で基礎科学の融合と展開を図ります。

■基礎科学に習熟したクリエイティブな人材を輩出します。

c2x2-toumei.gif

w184-f2f2f2rue.gif

受賞タイトル一覧

w184-ffffffbarg3.gif

2015.12.8

JISSE-14シンポジウム Student Presentation Awards 受賞

本専攻大学院生(小柳研 今井えりなさん、小柳潤講師)がJISSE-14シンポジウムStudent Presentation Awardsを受賞。


2015.9.8

第31回セラミックス協会関東支部研究発表会優秀賞受賞

本専攻大学院生(長谷川マリンさん、西尾圭史教授)が第31回セラミックス協会関東支部研究発表会優秀賞受賞を受賞。


2015.6

日本複合材料学会誌論文賞

本専攻大学院生(細谷亮平君、小柳潤講師)が日本複合材料学会誌論文賞を受賞。


2014.8.29

実験力学会2014年論文賞を受賞

本学科講師(小柳研 小柳潤講師)が実験力学会2014年論文賞を受賞。


2014.5.23

新化学技術推進協会GSCポスター賞を受賞

本専攻大学院生( 西尾研 蜂屋 はるな、西尾 圭史教授)が、新化学技術推進協会グリーン・サステイナブル ケミストリー ネットワーク会議GSCポスター賞を受賞


w184-00b6f3rue.gif

News

news back numbernews back number

2015.8.9

東京理科大学 基礎工学部 材料工学科 オープンキャンパスを実施いたします。

2014.8.9 

東京理科大学 基礎工学部 材料工学科 オープンキャンパス実施いたします。

2013.00.00

東京理科大学 基礎工学部 材料工学科のホームページを一部内容更新いたしました

2013.03.20

東京理科大学 基礎工学部 材料工学科のホームページが新しくなりました

2013.01.30

太陽光発電研究部門 第3回シンポジウム「太陽電池開発の最前線」を秋葉原コンベンションホールにて開催

w184-00b6f3rsita.gif